あらゆるリポジトリを1つの場所で管理するGitコードレビューツール

Helix TeamHubは個人から小規模チーム、さらにはエンタープライズレベルの開発を行う組織にいたるまで、あらゆる規模のスピーディなコラボレーションをサポートします。また、複数のリポジトリおよびリポジトリタイプを扱うプロジェクトに対応しています。

  • ソースコードリポジトリ:Git、SVN、Mercurial
  • Dockerレジストリ
  • ビルドアーティファクト:Maven、Ivy
  • Docs、HTML、画像:WebDAV

製品の簡単なご紹介

Helix TeamHub is the preeminent Git code review tool and source code repository

Git、Mercurial、およびSVNを管理するためのスケーラブルで直観的なソースコードリポジトリツール

Helix TeamHubを使用すれば、複数のツール間を行き来して寄せ集めることなく、1つのシンプルで直観的なインターフェイスですべてのプロジェクトやリポジトリを表示できます。

シームレスなコラボレーション

単一リポジトリのプロジェクトでもマルチリポジトリのプロジェクトでも、シンプルなマージリクエストやコードレビュー、KanbanボードWikiを使用してかつてなく簡単にコラボレーションできます。

柔軟性の高い開発者ワークフロー

Helix TeamHubはサイドバイサイド形式の差分、コミット履歴、コードブラウジング、コード比較、コード検索、ハイライト、その他数多くの機能を提供します。

セルフサービスプロジェクト管理

シングルサインオン(SSO)、Active Directoryのネストされたグループ、およびセルフサービスプロジェクト管理により、プロジェクト管理者は、ITの介入を必要とせず、迅速にユーザーの追加や粒度の細かい許可の設定が可能です。

お使いのビルドアーティファクトと連携

ビルドアーティファクトをソースコードと一緒に1つのプラットフォーム上で管理できます。Helix TeamHubはMavenとIvyのビルドによるアーティファクトのリポジトリやDockerコンテナーレジストリをサポートしており、今度もサポート範囲を拡大していきます。

高い統合性

すでにJira、Slack、Jenkinsなどを使用していても問題ありません。Helix TeamHubはよく使用されている75以上の開発ツールと連携可能です。Jenkinsと即座に連携できるため、製品のリリースサイクルを自動化し管理するための効率的なCI/CDプラットフォームを構築できます。

クラウドまたはオンプレミスの各種オプション

クラウドの場合、TeamHubアカウントの作成にはわずか数秒しかかかりません。大規模チームの場合、コンプライアンスやセキュリティに関する要件も満たすオンプレミスのオプションとして、Helix TeamHub Enterpriseがお勧めです。

シンプルなコードレビューツール

Helix TeamHubでは簡単かつ効率的にGitのマージをリクエストできます。行単位でコード変更についてコメントしたり、チームメンバーに向けて特定の課題を@メンションで強調したり、あるいはスレッド化された会話を開始することで、詳細なコードレビューを行えます。また、変更をマージする前に作成者がチェックするよう、レビューコメントをタスクとしてマークすることも可能です。

プロジェクト管理者は機能ブランチワークフローや品質ゲートを設定することで、チームメンバーにより承認されていない変更をブロックしたり、2回目の承認を行うために自動ビルドに接続することができます。さらに、変更をマージする前に必要なレビューの回数や正常なビルド結果を定義しておくこともできます。承認のための手続きによって進行が妨げられている場合、管理者はレビュー状況を無視して強制的に変更をマージすることもできます。

Helix TeamHub is a scalable Git code review tool for teams of all sizes

アジャイルな課題トラッキング

フレキシブルで使いやすい課題トラッカーを使用して、マイルストーンに対するチームの進捗状況をトラッキングできます。“必要なデータをまとめて”カスタマイズ表示できる便利なフィルターオプションを備えた一覧表示やKanbanボードが利用できます。また、ドラッグアンドドロップでステータスを変更したり、個別の課題の詳細画面に移動してコメントを記述したり内容の更新を行うこともできます。

すでにJiraなど他のコラボレーションツールをお使いの場合でもご安心ください。Helix TeamHubはよく使用されている開発ツールと連携可能です。

Agile Issue Tracking with Helix TeamHub

プロジェクト単位のWiki

チームやプロジェクトで共有したい開発者用のドキュメンテーションやプロジェクトノートなどの情報を格納する場所が必要な場合、Helix TeamHubではソースコードなどのアセットと同じ場所にそれらを格納できます。

マークダウンシンタックスがサポートされるGitと連携されたWikiにプロジェクト固有のドキュメンテーションを格納でき、情報同士のリンク付けや、ドキュメンテーションの編集も簡単に行えます。Wikiを使用すると、以下のことも簡単に行えます。

  • ユーザーおよびプロジェクトを無制限に追加。
  • サイドバイサイドのエディターで変更点をリアルタイム表示。
  • 複数のバージョンの中から適切なデータを検索。
  • 添付を追加したり、マークダウンシンタックスを使用してテキスト内に画像やチャートを挿入。
  • 大規模プロジェクトも簡単に管理。
 

ビルドアーティファクトおよび他のバイナリ

ビルドアーティファクトを含むあらゆるソフトウェアアセットを1つのプラットフォームで維持管理できます。数回のクリックでリポジトリを作成したり、アクセス権限を管理したり、使い慣れたお好きなビルド ツールを使用できます。

Helix TeamHubはMavenとIvyのアーティファクトリポジトリ、およびDockerコンテナーレジストリをサポートしています。

他のバイナリファイルについては、WebDAVリポジトリから個別にファイル共有機能を提供しています。WebDAVはWindows、Linux、およびMac OSXにおけるネットワーク上のファイル共有システムのように使用できます。

Code repository tools such as Helix TeamHub manage build artifacts and other binary files

リポジトリおよびブランチレベルの認証

Helix TeamHubのリポジトリおよびブランチレベルの認証は6つのロールと8つの権限レベルで構成されており、これによってプロジェクトとコードのセキュリティが保たれます。

権限を管理するには一般的なユーザーアカウントおよびグループを使用します。社外のクライアントや契約者の場合、アクセスが制限されたコラボレーター用のアカウントを使用して安全にアクセスできます。また、UIへのアクセス権がないHelix TeamHubのプログラムによるボットアカウントによって、外部ツールで個人の資格情報が使用されることを回避できます。

 

Code repository tools like Helix TeamHub offer robust repository and branch-level authorization

エンタープライズ向けのオンプレミス版Gitコードレビューツールおよびコラボレーションソフトウェア

Helix TeamHub Enterpriseはオンプレミスでの実装をお考えの皆様にお勧めのオプションです。他のツールを追加して複雑な設定をすることなく、Gitリポジトリからのビルドプロセスが短時間で簡単に遂行できます。

まずは無料のコードリポジトリツールから始めてみませんか。

ソースコードおよびビルドアーティファクトのリポジトリを1つのスペースで管理し、シームレスなコラボレーション環境を実現します。

20分のライブ デモ

実際に稼働しているHelix TeamHubのライブデモをご覧ください。

クラウドにログイン

Helix TeamHubのクラウドユーザーですか。